無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

カラ松Disny
312
2017/11/24 12:56
誘われた‥
自分の好きな人に
だから、一層張り切っておしゃれ(?)をした
カラ松
カラ松
‥‥遅いな‥なんか、あったんじゃないか?
あなた

‥ごめん!!
遅れちゃった!!

陽気に手を振るあなたは
可愛い笑顔で近づいてくる
カラ松
カラ松
大丈夫か?なんか、あったのかって‥‥
ダメだな‥理性がどっかいきそうだ‥ボソッ
あなた

なんもないけど‥ほら!女の子の事情‥で‥ってなんかいった?

バレた!!と思い慌ててなんでもないっと、目をそらしながらいう
カラ松
カラ松
い、いや!、なんでもないぞ!
ど、どこいきたいんだ?
あなた

んーそうだなぁ、どこでもいいかな!全然決めてないし!

てへっと舌をだす。
どこまで俺を‥‥

「なぁ!あのこかわいくね?」
「わかる!!タイプかもぉー!」

男の視線‥うざいな‥
睨んどくか‥
すると、視線がなくなる
あなた

あ!ねぇ!あそこいこう!!

なぁ、お前を俺が
独り占めしたらどうなる?