無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

サボっちゃいました💦
大貴
大貴
あなたちゃーん…手
あなた

え?あぁ、ごめんね

時間間に合わなくて走ってたら
有岡くんと手繋いでたの気づかなかった
大貴
大貴
なぁ、もうさー時間なくね?
あなた

確かに…そーだね

時計を見ると
5時間目の授業が始まっている時間だった
大貴
大貴
サボっちゃう?
あなた

時間ないし…いいか

また授業サボっちゃった…
社会担当、"薮宏太先生"なんだけど…
まぁ、いいか
大貴
大貴
じゃあさ!裏庭行かない?
ここにいてもあれだし…
あなた

え?

大貴
大貴
ねっ!ダメっ?
あなた

いいよ

大貴
大貴
っしゃ!
なんで有岡くんガッツポーズしたんだろ
大貴
大貴
ほら、いくよ!
あなた

あ、待って…

大貴
大貴
もー!あなたちゃん
足遅いなぁ
足遅くてごめんなさいね
私、体育苦手なんです
大貴
大貴
んじゃ、俺の手握って
あなた

はい?

有岡くんは自分の手を私に差し出してきた
大貴
大貴
いいから!
あなた

う、うん

私は有岡くんの手を握って
廊下を後にした…