無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

裏庭で…
大貴
大貴
裏庭に着いたね!
あなた

そうだね

みんなは授業中の5時間目
私と有岡くんだけの裏庭…
あなた

なんかいいかも…

大貴
大貴
なにがいいの?
あなた

いや…貸切みたいでいいなって思って

大貴
大貴
だよね!貸切みたいw
でも、裏庭に来たのはいいけど
なにするんだろ
あなた

裏庭でなにするの?

大貴
大貴
テキトーに駄弁ろうよ!
あなた

そうだね

と、言ったもの
特に話すことがない
大貴
大貴
………
あなた

……

私と有岡くんは芝生に横になり
空を眺めていた
大貴
大貴
あなたちゃんってさ
あなた

なに?

沈黙を破ったのは有岡くん
大貴
大貴
好きな人…とかいないの?
あなた

え?

唐突すぎて私は…え?しか言えなかった
大貴
大貴
あ、いや…
急に聞かれても困るよなw
あなた

………

あなた

逆に…有岡くんはいないの?

大貴
大貴
え!
あなた

好きな人

大貴
大貴
いや、俺は…いるっちゃいるけど…
あなた

へぇー…いるんだ好きな人
どんな子なの?

大貴
大貴
えっと…
可愛くてでも少しクールで…
あなた

そうなんだ

可愛いくてクールなことか
うちのクラスにいたっけ
あなた

告白する気はないの?

大貴
大貴
え!告白っ!?
あなた

そ、告白

そんなに焦る?
有岡くん面白いな
大貴
大貴
したいけど…そいつ好きな人いるし
あなた

そうなんだ
まぁ、がんばりなよ
応援してる

大貴
大貴
おう…
てか、今日天気いいな
なんか眠くなってくる…
あなた

ふわぁぁ…眠

大貴
大貴
少し眠るか?
あなた

うん…そーする

大貴
大貴
分かった!
あなた

おやすみ

大貴
大貴
おやすみ
私は意識を手放した
大貴
大貴
寝るの早いなw
てか、俺が好きなのはお前だし
気づけよ…この鈍感め!
有岡くんがそんなことを言ってたのは
私はしらない___