無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

8,512
2017/11/22

第3話

現状の時間
どうやらスーツ姿の人があなたに何かを言っているようだった。

「·····よって、あなたは明日から
 私立椚ヶ丘中学校3年E組に転校してもらいます。」

顔は分からなかったが、女性というのは声で分かった。
でもこの時、私は現状を理解することが出来なかったー。