無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

7,897
2017/11/22

第4話

回想の時間(前)
1時間前ー

日直の人があいさつをする。
「帰りのあいさつをします。さようなら。」
私・あなたはいつものように
あいさつをして教室を出た。

友「あなたー!今日、どっかで遊ばないー?」
貴「···ごめん。今日はエンリョしとく。
               また今度ね。」
友「?  オッケー」

友達からの誘いも断ってしまった。
今日は早く家に帰りたかった。