無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

6,978
2017/11/22

第5話

回想の時間(後)
家についた私もは、まっすぐ部屋に向かった。



部屋についた途端に睡魔が襲ってきた。

「ふぁ・・・」
(昨日はちゃんと寝たのに··· おかしいなぁ。)

そんなことを思っていたら、
いつの間にか眠ってしまっていた。