無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

優しさ
次の日

俺は病院の椅子に座って寝ていた
愛莉の母
はい、これ
暖かいお茶を差し出してくれた
颯芽
ありがとう
愛莉のお父さん
颯芽おはよう
颯芽
おはよう
お父さん、本当にごめんなさい
大事な愛莉をこんな目に...
愛莉のお父さん
だから!笑
颯芽のせいじゃないよ!大丈夫!
とりあえず愛莉を信じるしかないよ今は
莉緒
颯芽は責任負いすぎなんだよ?
全然、関係ないから!
学校の先生から色々きいたし..
颯芽は愛莉の為に
最善を尽くしてくれたんだもんね?
愛莉のお父さん
そうだ。
颯芽はやっぱ優しいなあ
颯芽
みんな..
颯芽side

俺は泣いていた
こんなにも優しい家族に巡り会えた

愛莉を傷つけたのは
正真正銘、俺なのに