プリ小説

第6話

3章⏩集合場所にて
あなたside
はぁ。って?ん?誰か、いるー。
優誠side
ん。誰かきたって。あなたかー
あなた

おはよー!はやいね!

河谷 優誠
うん。
元気のなさ何。笑
あなた

てか、晃星は?

河谷 優誠
きっちりにくると思うよ?てか、
今15分だし。
亜希は?
あなた

亜希はね。
五分遅刻してくるよ?笑
だから、大変なの。

優誠は、亜希のこと好きなんだ。
河谷 優誠
てか、今日は、変わってんね。
あなた

でしよ?!髪巻いてるから((笑う

河谷 優誠
てか、結構前に初恋の人と好きな人
変わってないって
言ってなかったっけ?
あなた

あーね。言ってたわ笑笑

河谷 優誠
誰?!俺も初恋教える!
あなた

恥ずい。優誠から言って?

河谷 優誠
俺は、お前だよ?
4年の時から。
あなた

え?!じゃあ、その時、
両想いだったってこと?

河谷 優誠
てことだね。((ニコッ
あなた

告白しとけばよかったー。

河谷 優誠
んま!今の恋諦めるな!
嬉しかった。
とても。大好きな人に言われて。
あれ?待てよ?初恋の人と
今の好きな人変わってない
って言ったから。あ!!やべぇ。
あなた

う、うん!((ニコッ

あ、晃星と亜希だ。
浅田 亜希
お待たせ!
佐藤 晃星
まった?
あなた

ううん!待ってないよ!!

河谷 優誠
んじゃあ!出発!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

れな🐻
れな🐻
どーも!れなぱんです!ぱん!🐼 はじめまして! 初心者で、あまり分かってません! 気ままにやってます
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る