無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

特別な日。
今日は12月31日。

年末だ。

智とLINEをし続けて2ヶ月が経っただろうか。

あまり進展はなかったが、私は今日、12時丁度に告白することを決めていた。



11時55分。


緊張してきた。
振られたらどうしよう。
不安ばかりだった。

だが、告白する!

決めたからには実行する!



11時59分。

あとは送信ボタンを押すだけ!


12時00分。



もなか
もなか
あけましておめでとう!
今年もよろしくね!

私は智が好きです。
付き合ってください。
恥ずかしながらも言えた。

ちゃんと言った。

すぐに既読がついた。


また振られちゃうかな?
どーしよう!

なんて考えていると…
智
あけおめ!
今年もよろしくな!

俺は大好きだよ!
付き合ってくださいって断る理由ないだろ笑笑
よろしくな!
とっても嬉しかった。

とっても幸せな日。

幸せな年の始まり。


これからもずっと智といたいと思えた。



12月31日12時00分。
1月1日00時00分。

私たちにとって一番大切な記念日。




いろいろあった。

でも、諦めなくてよかった!

智が好き。ほんとに。

いつまでも好きなんだろうな…と思える相手だった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

はっぴーすまいる‪‪☺︎‬
はっぴーすまいる‪‪☺︎‬
文芸部所属。 (ほぼ)ノンフィクション。 野いちご文庫、メディアワークス文庫、スターツ文庫大好き。 お気に入り追加やコメントしていただけたら小説読みに行きます! Instagram>>>monamoma__book
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る