無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第54話

体育大会🎌
ついに!!
体育大会当日だーーーー!!!!!

春樹と一緒にすることいっぱいある!

なんか緊張するな〜

ってそんなこと言ってる場合じゃないよね(笑)

頑張らないと!!


私は友達の肩持って走る方のクラス対抗リレーの前に、
400m走出ないといけないんだよねー


8人中6人がテニス部…

幼なじみの女の子もいれば〜、
舞花も?華凛もいる!

楽しいようで苦しい戦い。

みんな真剣にはしる。


400m走が始まって走ったのは覚えているが
走っている時の記憶がほぼない。

とにかく倒れるくらいまで走って4位だった。

結構いい順位だったが、立てない。

友達と一緒に頑張って退場して、後に座り込んでしまった。

春樹がずっとこっちみててくれて…

それに智もこっちを見てて…

なんか安心できた気もした。


その後の肩持って走る方のクラス対抗リレー。

とにかく頑張れたので一位だった。

とっても嬉しかった。


クラス対抗リレー。

私と春樹がいるチームはクラスの中で遅い方のチーム。

とにかく最下位をとらないようにがんばろう!
というのが目標だった。

みんな真剣に走っていて、私にバトンがまわってきた。



あれ?周りにいない。

さきに春樹だけが待っている。


こんな状態だった。

私たちは最後まで一位をキープし、クラス対抗リレーで優勝した。

とても嬉しかった。



私は体育大会がとてもとても楽しかった。


その日の夜。春樹からメールが来た。
春樹
春樹
もなか大丈夫?
400m走のあと…
もなか
もなか
大丈夫大丈夫!
こっち見ててくれたよね笑笑
ありがとね(笑)
春樹
春樹
もなかのところ行こうと思ったんだけど
周りの男子とか正美に
めっちゃ見られて行けなかった。ごめんな
もなか
もなか
ありがと笑笑
なんか幸せなのかなー

でも、今日の全ての競技を頑張れたのは…


なんだろうこの感じ。


智…優しかったな…
戻ってきてほしいな…
こんなこと考えるなんて最低だ私…

よみがえる感情。


私、ほんとは…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

はっぴーすまいる‪‪☺︎‬
はっぴーすまいる‪‪☺︎‬
文芸部所属。 (ほぼ)ノンフィクション。 野いちご文庫、メディアワークス文庫、スターツ文庫大好き。 お気に入り追加やコメントしていただけたら小説読みに行きます! Instagram>>>monamoma__book
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る