第6話

本当は。
890
2017/12/02 22:45
有岡大貴
ど、どうしたの?
あなた

ううん、ごめん。
なんでもないよ・・・。

その様子をたまたま見ていた、裕翔は・・・
中島裕翔
なかなか面白い展開になってきたね(小声)
と呟いていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


裕翔が有岡大貴に話しかけた。
中島裕翔
あなたちゃんのことすーき?
有岡大貴
え、そ、そんな訳ないだろ
顔が真っ赤に染まっていた。
中島裕翔
へぇー面白いじゃん♪
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
中島裕翔
あなたちゃん!
あなた

はい?

中島裕翔
大ちゃんのこと好き?
あなた

そそそそ、そんなわけないじゃないですか!

頬が真っ赤に染まっていた。
中島裕翔
ほほう・・・チョーおもしれー
あなた

なにがです?

中島裕翔
いいのいいの♪
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
山田涼介
くそ・・・俺はずっと前から好きだったのに・・・。
中島裕翔
聞こえてるよ山。
山田涼介
は?
中島裕翔
あなたのこと好きなんだよね?
中島裕翔
今、あなたちゃんは
大ちゃんにかたむいてるよ。
山田涼介
え、・・・