プリ小説

第5話

#.0 STELLAの始まり (番外編)
佑side














小学校の卒業式、僕は優叶を裏切る事となる。








『また、明日。』











そう言ったのは、本当。

だけれど…優叶にとっては明日じゃない。

















僕には、小学校低学年の時から貫いた夢がある。







『バンドを結成して、世界一を目指したい!』


















っていう無能な夢をね……(笑)














優叶には、言えてなかった。






そして、僕が入ったのは私立で中高一貫校の名門校。















その高校には、芸能科コースがあったり
全国レベルのバンド部まで存在している。











夢を叶える為に、私立校へと僕は進んだ。










そして…同じ中学校だった知南と誠太の出会いが、
バンドを始めるきっかけとなった。









興味本位で、作詞をしていたら…その時同じクラスメイトの
知南に作詞を思いきり見られた。






拒絶されるかと、思ったけど。

違った。









「凄いね…!この作詞…
ねぇ舊谷君、うちのバンドに入らない!?
作曲を出来る人がいるんだ!」



って、知南は言ってくれてそれが…誠太との出会いでもあった。










そして、“STELLA”という名前でバンドを組み

国内最大級のバンドオーディションに向けて
死ぬ程練習をして、優勝を勝ち取った。














僕へと夢を繋いでくれるメンバー。













僕にとっては、かけがえのない存在。












「続いては、今人気急上昇中バンド…“STELLA”の
新曲披露です──────」









僕は、息を吸って言葉を言い放った。








「新曲、“I don't know love.”」








END.
────────────────────────────
サボってしまってすみませんm(_ _)m
次回からちゃんと本編を投稿します!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ユリカ
ユリカ
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る