無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

67
2017/11/25

第2話

いつもと同じ
今日は、とても、いい朝だー。
とても良い気持ちで学校に登校した。
クラスに入って、準備をしていると亮が来た。

「よぉ、黒崎。相変わらずブスだなー。」

「人の事言えないでしょ?笑笑」

「お前よりはましな顔だし(笑)」

「そーには見えないけどねー」

そんな口喧嘩をしていると、チャイムが鳴って先生が
来た。

「ヤベ」

「お前たち何してんだ!もうチャイムは鳴ってるだろ」

「すいませーん」

「先生、見なかったことにしてよー」

「お前らほんと性格そっくりだな←苦笑」

「こんなやつと一緒にすんなよ!」
                ←同時に言う
「コイツと一緒にしないでよ!」

「おぉ、見事にハモったな。まぁ、取り合えず座れ」

「はーい」


性格が似てると言われるのは先生からだけではない。
友達にもよく言われる。

「もう、付き合っちゃえば?(笑)」

とか、言われることもよくある。
でも、私たちはお互いに否定して「無理」と言っている。そんなこと本当は思っていないのに…

否定するたびに自分で自分の心を傷つけているみたいで、いやになる。
でも、気持ちを知られたら今みたいに話せないんじゃないかと思って怖くなる。

話せなくなるくらいなら、気持ちを伝えない方がマシだと思うときもある。
そんな時は、親友の岩田 璃子(いわたりこ)に話を聞いてもらう。
璃子はすぐにアドバイスをくれる。
「大丈夫!」
などと言って安心させてくれる。
気持ちを知っているのは璃子だけで、すごく頼もしい親友だ。

璃子にも好きな人がいる。
その好きな人と言うのは亮の友達の
守川 竜也(もりかわたつや)と言う人で、スゴくモテる。
亮と違って頭もよく、運動神経も抜群。
何でもできる完璧人だ。
唯一欠点があるとすれば、鈍感だということだろう。

私は、竜也よりも亮の方がカッコいいと思うけど璃子は竜也がカッコよく見えるらしい。
まぁ、人それぞれの好みだからしかたないだろう。

二人の恋がどうなるのかスゴく気になる!
私も頑張らないとな。