無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
42
2017/12/14

第5話

何で??
私は目の下が赤くはれたまま学校に行った。

教室に入るとすぐに亮が

「おはよ、黒崎🎵」

「………」←黙る

「どうした?なんかあったのか?」

「……あのさ」

「ん?」

「昨日、遥と一緒に帰ってたよね?」

「あぁ、それがどうした?」

「いや、何でもない…」


少しは否定してくれた方が嬉しかった…
そんなの言えない…

「何でもないっていう顔には見えないんだけど?」

「…何でもないって」

「ホントか?おいおい笑笑」

「何でもないってば!!!!!!」←大声で言う

「あっ、ごめん…」

「そうかよ」←どこかへいく。


私は亮に何てことを言ってしまったんだろう。
彼を傷付けてしまった。。
彼は私を心配してくれていたのに。
何てひどい態度…






どんな顔で亮に会えばいいのか分からなくなっていた。