無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

418
2021/11/18

第71話

〘復讐内容❥〙
俺達は次々にアトラクションを乗りまわったりパレードをみたりショッピングをしたりしっかり楽しんだ✨

また買いすぎちゃったぁ〜....あはは。

______
灰谷蘭
灰谷蘭
楽しかったね〜♡
雨戸
雨戸
ね〜♡
灰谷竜胆
灰谷竜胆
兄貴もあなたも買いすぎ....全部俺が持つ羽目になったじゃねぇか!
灰谷蘭
灰谷蘭
まぁまぁ〜♡
雨戸
雨戸
そんなけっちぃこと言わないでよ〜♡
灰谷竜胆
灰谷竜胆
(イラァ〜
灰谷竜胆
灰谷竜胆
ってかもう12時じゃねぇか!!!明日も早いんだろ....勘弁してくれよォ〜
灰谷蘭
灰谷蘭
あなた〜寝よっか♡
雨戸
雨戸
うん!
灰谷竜胆
灰谷竜胆
あっちょ!ずりぃ!!!
俺達はすぐさまベットに潜り込み一瞬で眠りについた。はしゃぎすぎて疲れていたのだろう。
____
〜〜
雨戸
雨戸
う〜ん....。Zzz....
〜〜ちゃん
なんだろ.....なんか声が聞こえるような......気もしないかZzz....
木谷美子
あなたちゃん!!!!
バッ
雨戸
雨戸
はひ!
俺は声に驚いて行き良いよく飛び起きた
木谷美子
もぉ(泣)仕事してくれるんじゃないの!?
雨戸
雨戸
あ〜ごめんごめん!ちょっと待ってね〜
俺はそっと2人が眠っているベットおり、青色のトランクを片手に持ち部屋を後にした。
バタン

_____
__
_
木谷美子
どこ行くの?
雨戸
雨戸
ん〜空き部屋〜
木谷美子
空き部屋?
廊下はシーンとしている。音を立てないように気をつけて歩いていると、自分の部屋から少し歩いたところの角部屋に『空き部屋』というプレートが見える部屋に着いた。
木谷美子
え、こんなとこあったの....。
雨戸
雨戸
そうみたい〜特別に借りた〜
キーを取り出し中へ入るとそこは泊まっている豪華な部屋とは反対に部屋の中は狭くとてもシンプルな部屋だった。部屋も薄暗く本当に電気を付けているのかと思えるほどだ。
有難いことに部屋は部屋が綺麗なのが幸いだ。
雨戸
雨戸
さて、と
俺は机の前にある椅子に腰を下ろした。

不思議そうに隣に美子さんが立っている。
木谷美子
こんなとこで何するの?
雨戸
雨戸
しごとー
木谷美子
何も無いのにどうやってするの!?しかも復讐してくれるんでしょ?なのにどうしてあいつらのとこに行かないの!?
雨戸
雨戸
し〜
俺は慌ただしく喋る大きな口の前に立てた人差し指を持ってきた。

美子さんは少し落ち着きを取り戻した。
雨戸
雨戸
まぁまぁ、ちゃんと仕事はするよ^^*それに美子さん依頼書見たよね?復讐方法は遂行者が"決める"っと。
木谷美子
確かに見たわ..。でもどうやって...。
雨戸
雨戸
ん〜?簡単^^*
俺は持ってきたトランクを開け中に入っていたパソコンを机の上に置きこう告げた。
雨戸
雨戸
"社会的に殺すことにしました♡"