プリ小説

第14話

第11話
望が、屋上に向かったあと、廊下には自分だけが残った。
それやったら、今までのこと考えてると涙が止まらんくなった。
あなた

うち、フラレたんや‥‥(グスッ
自分って、こんなに望のこと好きやったんや‥‥

すると、
○○
あなた‥先輩‥?
○○
あなた先輩!!!
あなた

え‥?誰‥?

振り向くと、おおにっちゃんがいた。
おおにっちゃん
あなた先輩‥どーしたんですか‥?
あなた

あ、(涙拭く)
なんもないで!心配させてごめんな!

おおにっちゃん
‥‥
おおにっちゃん
こんなに泣いてるのに、なんもないことないじゃないですか!!
あなた

え‥‥?

おおにっちゃん
後輩やからって‥少しくらい、僕を頼ってくださいよ!!
おおにっちゃんが、真剣な顔をしているのを見るのは初めてだった。
あなた

急に、真剣な顔なるからビックリするやん‥‥

おおにっちゃん
あ、ご、ごめn‥‥
あなた

うち、フラレてん

おおにっちゃん
え‥‥
おおにっちゃん
誰に‥ですか‥?
あなた

おおにっちゃん
あ、言いたくなかったら言わなくても大丈夫ですよ!
あなた

‥‥望

おおにっちゃん
あ、望クンですか‥‥
あなたは、また涙が止まらなくなった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🎀 . ___ 凜 音
🎀 . ___ 凜 音
OPEN ▽▼ ♡ オオニシリュウセイ ♡ ♡ ナガツマレオ ♡ CLOSE △▲
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る