プリ小説

第15話

第12話
その時、
おおにっちゃんが、抱きついてきた。
あなた

え‥‥?

おおにっちゃん
こんなとこで?って思うかも知れないですけど‥
おおにっちゃん
僕、あなた先輩の隣の存在になりたいです‥‥
あなた

え‥

おおにっちゃん
ずっと、あなた先輩のこと好きでした!!
僕なら、あなた先輩を絶対悲しくさせないです‥
あなた

え‥ちょっと待って、おおにっちゃんってうちのこと好きなん‥‥?

おおにっちゃん
はい‥‥
おおにっちゃん
あ、返事はまた今度でいいです‥!
おおにっちゃん
で、では、僕はここで‥
おおにっちゃん
また明日‥!
おおにっちゃんは、逃げるように帰っていった。
あなた

え、待って、うち、告白された‥?

あなたは、呆然としていた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🎀 . ___ 凜 音
🎀 . ___ 凜 音
おーぷん ✌🏻💖 ꒰ ୨୧ おおにしりゅうせい ୨୧ ꒱ ꒰ ୨୧ なすゆうと ୨୧ ꒱ くろーず ✌🏻💖
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る