無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

朝の出来事
〇〇
〇〇
着いた!
周平
周平
てか、大貴は?
〇〇
〇〇
あっ!
後ろに振り向く
大貴
大貴
待って〜(泣)
賢人
賢人
まだ、あそこかよ
しばらくして、、、
大貴
大貴
やっと着いた〜
〇〇
〇〇
遅いよ
大貴
大貴
ごめんー
男子
男子
〇〇ちゃん、おはよう
〇〇
〇〇
おはよう!
男子
男子
(可愛い)
女子
女子
賢人君、大貴君、周平君、おはよう
周平
周平
(うるさいなー)
おはよう
賢人
賢人
うるさい、どけ
〇〇行くぞっ
女子
女子
もう(◦`~´◦)何なの!
あの女!
大貴
大貴
もー朝から
うるさいなー(◦`~´◦)
女子
女子
〇〇ちゃん、
ちょっといい?
〇〇
〇〇
何?
女子
女子
校舎裏に来て
〇〇
〇〇
なんだろう?
行ってくるね!
女子
女子
あんた、調子乗ってんじゃないわよ
賢人
賢人
〇〇ー
女子
女子
賢人君!
賢人
賢人
〇〇に近づくな
女子
女子
分かった
すいません
〇〇
〇〇
賢人ー(泣)
賢人
賢人
怖かったなっ
俺がもっと早く来てればよかった