無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

黒王子side―1―
俺は学校一イケメンらしい。
それに女子からは黒王子と呼ばれている。
今日もまた始まった。
登坂広臣のファン
きゃー!!!
登坂広臣のファン
登坂く~ん!
登坂広臣のファン
こっち向いてー!
毎日毎日、女子たちが俺のことをつけ回してくる。
もうこりごりだ。
登校広臣
チッ。めんどくせ。
そう言いながら、やっと教室に入った。