無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

放課後―2―
私の家は黒王子の家とは正反対らしい
だから私は黒王子にバイバイと言おうとした。
あなた

バイバ...

すると__
登校広臣
お前ん家、こっちか?
あなた

え?

登校広臣
送ってやる。
あなた

でも...

あなた

黒王子の家はあっちだよね?

登校広臣
そうだけど?
あなた

そんなの登坂くんに悪いよ💦

登校広臣
俺がお前を送りたいんだよ。
あなた

え?

登校広臣
いいだろ。
あなた

え、あ、いや、その...

登校広臣
おい、行くぞ。
あなた

ほんとにいいの?

登校広臣
いいって言ってんだろ。
登校広臣
言っとくけど、お前には拒否権なんてないんだからな。
あなた

あ、はい。

登校広臣
行くぞ。
そして私は黒王子に送ってもらった。