無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

苦しい―1―
次の日__
あなた

おはよ!みやび!

みやび
あなた、おはよ~!
私はみやびと他愛もない会話をしていた。
すると、黒王子が登校してきた。
あなた

登坂くん、おはよ!

登校広臣
あぁ、おはよ。
あなた

あ、先生が今日の放課後に職員室に来いって!学級委員に頼みたいことがあるからって!

登校広臣
わかった。
登校広臣
ありがとな。
あなた

うん!

みやび
ちょっとちょっと!
あなた

ん?なに~?

みやび
あなた、いつからそんなに黒王子と話すようになったの!?
あなた

え?

みやび
だって、あなた、最初あんなに嫌いって言ってたんだよ?黒王子のこと!
あなた

うん。そうだけど~?

みやび
黒王子となんかあったの!?
あなた

登坂くんは私と同じ学級委員で昨日放課後一緒に学級委員の仕事したの!

みやび
そうなんだ!
みやび
それから話すようになったの?
あなた

うん!

みやび
あ、そうそう。
みやび
あたし、今日の朝学校に来てから聞いたんだけどさ。
あなた

なに~?

みやび
あなた、昨日黒王子と一緒に帰ったんだってね。
あなた

え!?

みやび
黒王子のファンの子がたまたま見たんだって。
あなた

まぢか~😱

あなた

じゃあ今日呼び出されるかも~😱

あなた

うわ~。嫌だよ~😱

みやび
どうしようもできないね~...