無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

無意識。
次の日___
みやび
あなた、おはよ!
あなた

おはよ~!

登校広臣
塔野、おはよ。
あなた

お、おはよ!

あなた

き、今日は早いね!

登校広臣
あぁ。
あれ...。なんか心臓がうるさい。
昨日のこと思い出したからかな...?
体育の授業__
みやび
今日はバスケだって!
あなた

やった~!

みやび
先に女子が試合してそのあと男子だって!
あなた

じゃあ急ご!

みやび
うん!
______
あなた

はぁ...疲れた~

みやび
あなた、めっちゃ活躍してたじゃん!
みやび
お疲れ!
あなた

うん💦

あなた

お疲れ💦

みやび
あ、男子始まるよ!
みやび
黒王子、スポーツも出来るんだ~
みやび
周りの女子、みんな黒王子見てるよ~(笑)
あれ...?なんでだろう。無意識に登坂くんを探しちゃう。
みやび
黒王子、シュート決めた!
みやび
やっぱ学校一のイケメンはカッコいいね~
シュートを決めたあと黒王子と目があった。
黒王子は私にニヤっと笑ってピースした。
私はなぜかキュンとした。