プリ小説

第2話

銃撃戦
おそ松
おそ松
と、いうことで。
(*’ω’ノノ゙☆パチパチ
あなた

いや、なに!?

私を(*’ω’ノノ゙☆パチパチしながら、見ている
おそ松
おそ松
君がなぜ連れてこられたか‥教えよう
あなた

うん。早くしてね

おそ松
おそ松
じつ‥
チョロ松
チョロ松
僕が話すよ。
おそ松
おそ松
え、なんで!?お兄ちゃんの見せ場とったの!?
あなた

お願いします。
そっちの方が分かりやすそうなので

おそ松
おそ松
うわぁー、さらっと酷いこといったよ!!
チョロ松
チョロ松
うん、
まず最初。このくず長男があの子可愛いくね?から始まって君を調べたんだ。
そしたら、君は学年1の秀才で
運動神経もよく非の打ち所のない子だと言うことが分かった。だから、君を捕まえて。僕たちの仲間にしようかと考えたんだよ
あなた

ながながしいな!
てか、私は君らの仲間にはならないよ。
勉強だってしないといけないし‥まだ夢叶えてないから。

私は、本音をこぼす
カラ松
カラ松
いやなら、いいんじゃないか?
あなた

え、本当?

トド松
トド松
強制ね
あなた

あ、そっちのいいんじゃないかね‥
ってはぁ!?

おそ松
おそ松
んーじゃあさ
おそ松
おそ松
勝負したら?
あなた

は??

おそ松
おそ松
俺たち負けたら君を解放
お前が勝ったらこっちの言うこと聞く
ど?簡単でしょ
あなた

‥‥
そうだね。簡単だね。でも、どんな勝負?

おそ松
おそ松
うちのチョロ松と銃撃戦だ
あなた

殺す気?

おそ松
おそ松
ちげえよw
この、色つきBB弾を相手の体に打って
チョロ松がこの子に三回当てたらこっちの勝ち
君がチョロ松に二回当てたら勝ち。ど?
チョロ松
チョロ松
僕完全不利状況。
おそ松
おそ松
お前銃得意だろwだからだよ
あなた

オーケー受けてたつ

トド松
トド松
はい、この服に着替えてね
おそ松
おそ松
チョロ松は青のBB弾
君は赤のBB弾
私とチョロ松君はオーケーと声を揃えて言った
おそ松
おそ松
じゃあいくよ。
レディゴー!!
そして、銃撃戦は始まった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

雪  月御
雪  月御
たくさん、いいねありがとうごさいます!! いろんな方が楽しめるようなのを書くので見てください!👍 おそ松さんや、色んなアニメとかも小説にしたいと思います、たくさん見てもらえると俺は嬉しいです。誰かネッ友さんになりましょう😐 俺から、コメントでお話しします!! ⚠️月御の嫌いなタイプ大紹介⚠️ 自己主張強いやつは、すんごい嫌いです‥ ★月御の好きなタイプ★ 女の子💕 笑顔が可愛い子は好き。 話し合う人(相談乗ってくれる人も) 軽くない人も好き 男の子✨ 話し合うやつ 一緒にずっとつるめそうなやつ。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る