第48話

☆番外編☆
911
2018/02/22 14:50
沖田ザベス(著者)
沖田ザベス(著者)
最近の「好きない」(勝手に省略しましたw)は、暗い場面が多くて、正直つまらないと思うので(私がそうなんですw)


番外編書きます!!!


↓↓↓




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



【番外ストーリー① 〜過去編〜】


ー朱音Sideー



私は、小学生の時に、女子からモテモテな修哉と仲が良いという理由で、いじめられてた。



机に、「死ね」って落書きしてあったり...

下駄箱に入れたはずの上履きがなくなってたり...

女子集団にトイレで呼び出されたり...



あの時は、すごく辛かった。

「修哉と仲良いからって、何でいじめられなきゃならないんだろう。」って考えたりもした。

当然、修哉を好きな人にとって私は邪魔な存在なんだって分かってたけど、それを私に当たるのは違う気がしてた。



もっとも酷かった時は...理科準備室に閉じ込められた時。

幸いな事に、理科の先生がここに用事があったため、30分閉じ込められただけで助かった。



もちろん、授業に出れなかったわけだから、同じクラスの修哉は、私がいじめられてることに気がついたんだ。


また、こんなことがあったらどうしよう...って、教室に戻れず足がすくんでいた時に、修哉の大きくて、いつもより低い声が教室の方から聞こえた。






「誰だ...、朱音をいじめたやつは。
...早く名乗り出ろよ。

名乗り出ねーんだな?

...見つけたら、ただじゃおかねぇからな...。」



気になって、教室の外から覗いて見てたけど、いつもの修哉とは別人のように、怒ってた。





……不謹慎かも知れないけど、それが嬉しかったんだ。







それから、私へのいじめは少なくなり、「...今までごめん。」と謝ってくる人さえいた。



修哉は今でも私が、あの時教室から覗いていたことを知らない。




☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..




...このことがあってから、修哉のことを密かに、「ピンチの時に必ず助けてくれる、かっこいいヒーロー」って思ってたことは、ないしょだよ?





【番外ストーリー① 〜過去編 完〜】





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




沖田ザベス(著者)
沖田ザベス(著者)
こんな感じで、時々書いていこうと思いますので、よろしくお願いします!♡

...報告が遅れましたが、この作品を見てくださった回数が、1万回を突破しましたぁぁぁああああ!!!

ランキングに載せていただいたり、ピックアップしていただいたりだと、まさかこんな風に伸びてくれるとは、思ってもいませんでした!

全て、応援してくださっている読者の皆様のおかげです!!!!!


本当にありがとうございます!♥


実は...この作品、もうそろそろ完結します!!!


完結するまでに、お気に入りが100達成されたらいいなぁ、なんて淡い期待を抱いております()


一時期、全く投稿してない時がありました。


...リアルで色々ありまして...




ですが、復活したのでじゃんじゃん上げていきますよ!!!

(明日定期テストです(*^^*))




これからも、応援よろしくお願いします!♥
朱音
朱音
よろしくね♪
修哉
修哉
よろしくな!
愛衣
愛衣
よろしく!!!
玲音
玲音
よろしくー(最近出番少ない...)
沖田ザベス(著者)
沖田ザベス(著者)
あははははは
沖田ザベス(著者)
沖田ザベス(著者)
コメント、いいね、お気に入り待ってます!!!

プリ小説オーディオドラマ