無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

バイバイ
色々話しているうちに、解散の時間。

私と優は一緒に美紗希の家を出た。

けど、何も話せなかった。


「バイバイ。」

それが最後の言葉。



悲しくて、今までの後悔で私は涙が止まらなかった。