プリ小説

第8話

#8

あなたとね、話をしている時間は

どんな時間よりも早く過ぎ去ってしまうの

今日もそうだった

もっとたくさん話したいのに

あなたの帰る時間になってしまって

「まだ話していたい」

と言ってみたけど

やっぱりダメで



でもね

落ち込んでる私にあなたは言ったんだ

「じゃあ、夢の中で会おうよ」

って。



そんなこと言われたら

もう寝る時間が楽しみで仕方なくなっちゃうじゃん




さぁ早く布団に入ろう

あなたとのロマンチックな約束を叶えるために

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

結愛
結愛
出身👉神奈川 性別👉🚺 学年👉中2 誕生日👉9月29日 星座👉正座 血液型👉がった型 色んな人と仲良くなりたいです😊 コメくれるとめっちゃ喜びます 文章がおかしかったり、誤字・脱字があったりするかもしれませんが、その時は大目に見て下さい笑笑 (初心者なもんでして…苦笑) 頑張りますので、応援よろしくお願いします✨ もし良かったら、💓or🌟をお願いします🤲 気ままに書いてきます ごめんなさい、小説一個消します🙇‍♀️🙇‍♂️