無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

クリスマスツリー
どうしようどうしよう!
もう今日は12日23日だよ!
明日はクリスマスイブだよ!!
プレゼント?いらないっ
そんなことはなんだっていいの。
そりゃ欲しいには欲しいけど、、それより大事なことがある。
君はどこ?
あなた

はぁ、はぁ。

疲れた。
まだ10分も走ってない。
クリスマスっぽい雰囲気の住宅街を抜けて、
クリスマスセールをしているスーパーの駐車場を突っ切って、
小さなクリスマスツリーを横目に
ここらで1番大きなクリスマスツリーの前まで走った。
あなた

わあ。

凄く、綺麗。
緑の大きなモミの木には、ふわふわの綿や、
いろんな 形・色・大きさ のオーナメントが散らばっている。


あれ?
なんか視界がぼやけてきた。
私、泣いてる。
あなた

だって、こんな素敵なクリスマスツリーなのに。

明日の夜、
ここで人が命を捨てようと、
違う、命を捧げようとしてる。