無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

43
2017/12/12

第21話

エピローグ ハッピークリスマス
あなた!
あなた

あっ君君…
(↑きみくん)

突然名前を呼ばれてびっくりした。
けどそこには、明るくて素敵な君の姿があった。
なんか声がしぼんでいってるけど大丈夫?
あなた

うん。
ちょっと去年の今日を思い出しちゃって。

ははっ。
もう昔のことだよ。
2017年なんて古い!
あなた

うーん…。

じゃあ思い出させてあげる!
あなたは俺のこと、男か女かわかってなかった!ギャハハ
あなた

もぅ!

去年のクリスマス頃はほっとけない可愛い子って思ってたのに。
こんな性格だったなんて!
まあ、こーんな性格だからこそ好きになっちゃったんだけどね。
改めて、メリークリスマス!
あなた

メリークリスマス!!

じゃ、これプレゼント。
あなた

え!いいの?

うん。
正直買うの恥ずかった///
あなた

へぇー…ぉ!

中には、スノードームが入っていた。
クリスマス仕様になっていて、雪が降り積もる感じが可愛らしい。
けど、真ん中の大きなクリスマスツリーが1番目立っていた。
あなた

きれー!

俺たち、クリスマスに結ばれるもんな。
クリスマスに縁があるってことで。
あなた

確かにねー…え?

結ばれるって?
付き合おう?
あなたが好き。
あなた

あんな馬鹿な自殺しようとして、勝手にあなたを巻き込んだけど、
最初見かけて、可愛いなって思ってて…だから嬉しかったっていうか。
あなた

…。

これは、、夢?
俺、ちゃんとやってるから。
前はあれだけど今は頑張ってる。
だからこんな俺と…。
君が言葉を止めた。
何か言わなきゃ。
何も出てこない。
あなた

わわわわ、私も好きでしゅ。

きゃーーーーーーーーーーー!!!!!!!!
あなた、これからよろしく!
気のせいかな。
どこかで鈴の音がする。
幸せだから、空耳がするのかなぁ。




“クリスマスの朝は、みんなが幸せ?”
どんなに寒くて、辛いことがあっても…
君が生きているだけで、私は幸せだよ。
去年の私にも、そう伝えたいな。




メリークリスマス!!!!