無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

4日
ジリジリジリジリ
あなた

朝か・・・だるい・・・


んと体温計体温計・・・

ピピピピっピピピピっ
あなた

38.6・・・風邪ひいた

夜暑いからって布団とって寝ちゃったからかな
とりあえず秋花来るの待とう
あ、秋花どっかに出かけるとかなんとか・・・
 


ピーンポーン
あなた

あ、きた

『フラッ』
『バタン』
あなた

((秋花・・・))

家に誰かが入ってくるのを感じてそのまま意識を手放した。



快斗said


今日は秋花が出かけてるから
俺一人であなたを迎えにいく。
なんか緊張するな

ピーンポーン
快斗(かいと)
あれ?でてこないな

『バタン』
快斗(かいと)
ん?今バタンって。 
まさか
『ガチャ』
快斗(かいと)
開くし・・・
おじゃま・・・ってあなた!
おい!大丈夫か?おい!
親いないみたいだし
とりあえず友達LINEして休もう