無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

5日
次の日
ピーンポーン
あなた

はーい!今行くー!

秋花(しゅうか)
おはよ!
快斗(かいと)
おはよ!
あなた

おはよ!

秋花(しゅうか)
よし行こ!
あなた

Let's

「GO!!!!!」
あなた

それでね!〜〜〜

キィィィィィィ
快斗(かいと)
危ない!
ドンッ
あなた

え・・・?



快斗said

あなたの熱も下がって
いつものように登校してるときだった。


キィィィィィィ
快斗(かいと)
危ない!
信号無視して突っ込んできたトラックが
あなたに向かって走ってきたのだ。
あなた

え・・・?

快斗(かいと)
あなた。秋花怪我ないか?
俺はそう言って意識を手放した。



病院
あなた

お願い。快斗。

秋花(しゅうか)
あなた。泣き止んで?泣いてばっかいたら
快斗が心配しちゃうよ。
あなた

で、でも私のせいで・・・。わたしが前を見てれば・・・。私の不注意よ。わたしが・・・わ、わた、わたしが・・・。

秋花(しゅうか)
自分を責めすぎちゃだめ。
快斗のこと思うなら泣きやみなよ。
あなた

う、うん。

お願い。助かって。
せっかく私の風邪も治ったのに・・・


そして手術室のランプが消えた。