無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

5日(2)
ランプがきえて数分後
あなた

あ!先生!

先生と、ベットに横になっている快斗が出てきた。
あなた

快斗・・・。先生!快斗は・・・
快斗は無事なんですか?!?!

先生
はい。無事ですよ。あとすこし遅かったら
危険な状態でした。

強く頭を打ってしまっています。
左半身麻痺になってしまっているかも知れません。
あなた

え・・・

秋花(しゅうか)
わ、分かりました。

快斗の部屋は?
先生
301号室です。
秋花(しゅうか)
分かりました。

部屋
あなた

やっぱり、私のせいよ。
私が前を見てれば左半身麻痺なんて・・・

秋花(しゅうか)
まだ分からないじゃない。
「かもしれない」なんだから。
今は願うしかないよ。
あなた

うん。



クリスマスまであと20日





すみません!少し短くなってしまいました!
あと次は少し飛びます!