無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

13日
次の日
私は学校が終わってからお見舞いに行った。
あなた

あれ?部屋に居ない。

すると廊下の方から
先生
あんまりやり過ぎると
足が痛くなりますよ?
快斗(かいと)
いいんです。俺のこといつも気にかけてくれる
俺の大好きな人のためなんです。
少しでも早く治して、お前のせいじゃないよって
言ってやりたいんです。
先生
でも、無理しすぎると余計に
心配かけることになります。
気をつけてくださいよ?

今日はもう終わりです。お部屋に戻りましょう。
快斗(かいと)
はーい(・ε・` )
あなた

誰のことなんだろう・・・

快斗(かいと)
あ!あなた!来てたのか?
あなた

あ、うん!
どう?足は。

快斗(かいと)
来週あたりもう歩けてるかもな?笑笑
あなた

無理しすぎないでよ?
心配で授業の話も入ってこないわ笑笑

快斗(かいと)
お前は心配症か笑笑
大丈夫だ!俺は!
あなた

笑笑

あ、プリン買ってきたよー
私熱出した時2つ買ってきたでしょ笑笑
袋にひとつ入れて持って帰ってたから
快斗も好きだったのかなって

快斗(かいと)
あ、バレた?
俺大好きなんだよ。プリン笑笑
あなた

んじゃさクリスマス、プリン作ってあげるよ笑笑

快斗(かいと)
コストコの?でっかいの?!?!
あなた

別にいいよ笑笑

快斗(かいと)
よっしゃぁぁぁぁ!

俺頑張って、足治すな(*´ω`*)
あなた

((ドキッ))
あ、ありがとう/////




クリスマスまであと11日