無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

19日
秋花said
学校おわってから
秋花(しゅうか)
んじゃー快斗!あなた!ばいばーい!
快斗(かいと)
はーいよ
あなた

またねー!

ガチャ
秋花(しゅうか)
ただいまー!
よし、プレゼント買ってこよー!
いってきまーす!
どんなプレゼント喜ぶかな?
あなたは去年マフラーだったし、今年は手袋?抱き枕?迷うな笑笑
秋花(しゅうか)
あ!ここの雑貨屋にしよー
秋花(しゅうか)
んー。あ!あなたにこの変な顔したぬいぐるみにしよー!快斗は・・・あ、手袋いいジャーン笑笑

あとは交換のやつ。んー。あ、このメモ帳とこれをセットにしよー!

よし!決まった!買ってかえろー!
買い終わって
ガチャ
秋花(しゅうか)
ただいまー!
秋花母
あ、おかえりー!
あ、今年のクリスマス空けといてね?
秋花(しゅうか)
え?25?
秋花母
うん!今年おじいちゃん達のところに行くのよ。
毎年あなたちゃんとページェントに行ってるけど
今年はd))
秋花(しゅうか)
やだよ!私今年もあなたと約束したもん!
秋花母
でも、おばあちゃんに時間が無いのは分かってるでしょ?
おばあちゃんは昔から重い心臓病を抱えてて、今年急変したのだ。余命宣告されてて今回のクリスマスが最後になるかもしれないのだ。
秋花(しゅうか)
で、でも。約束したから・・・
秋花母
私も一緒に謝りに行くわ。
今年だけはおばあちゃんにゆずってあげて。
秋花(しゅうか)
いいよ。一人で断るから。
秋花母
分かってくれてありがと。
それから部屋に戻ってずっと考えてた。
いつ伝えよっかなって。
今すぐにしようか。でも自分の気持ちの整理もついてない。せっかくプレゼント買ったのに・・・

結局その日は言えなかった。




クリスマスまであと5日