無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

21日
秋花said


翌朝
秋花(しゅうか)
よし!いこ!
今日こそは言う!
快斗(かいと)
あ、おはよー
秋花(しゅうか)
はよー
ピーンポーン
あなた

はーい!

おはよ!元気なった?

秋花(しゅうか)
なった!プリンありがとね!
快斗(かいと)
おん!
あなた

うん!

秋花(しゅうか)
よし行こ!
歩きながら
秋花(しゅうか)
ねぇ2人
あなた

なにー?

快斗(かいと)
ん?
秋花(しゅうか)
あのさ、今年のページェントなんだけど
あなた

うん。

秋花(しゅうか)
行けなくなったの。
快斗(かいと)
あぁ、知ってるよ
あなた

うん。知ってる笑笑

秋花(しゅうか)
え・・・。なんで。
あなた

昨日お見舞い行った帰りに

快斗(かいと)
ちょうど秋花のお母さんにあったんだよ。
あなた

「あ!秋花に聞いた?ページェント」って言われて、知らないって言ったら

快斗(かいと)
おばあちゃんのとこに行かなきゃいけないって
あなた

私もお世話になったおばあちゃんだし、事情も前から聞いてたから、無理言えないなって。それで「おばあちゃんのとこでゆっくりしてきていいですよ!ページェントはまた来年秋花と行きます!」って笑笑

快斗(かいと)
俺ら2人で行くことになったんだわ笑笑
あなた

だから秋花はおばあちゃんのとこでゆっくりしてきな!
おばあちゃん孝公してきてね!

秋花(しゅうか)
うん!2人で楽しんできて!
私もおばあちゃんと過ごしてくるから
快斗(かいと)
おん!
あなた

うん!

秋花(しゅうか)
よし!いこ!
なんか、あんなに悩んだのにな・・・笑笑
でも最後かもしれないおばあちゃんと
楽しんでこよう!

そうして学校に向かった



クリスマスまであと3日