無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

22日
ピーンポーン
あなた

はーい!

秋花(しゅうか)
きたよー
快斗(かいと)
おはよー
あなた

今日はとうとう終業式だねー。

秋花(しゅうか)
二学期もあっとゆうまだった笑笑
快斗(かいと)
クラス替えあったし
あなた

なんか色々あったよねー

秋花(しゅうか)
あ!今日さ、二学期締めの思い出づくりにゲーセンとかマックとか行かない?
あなた

いいね!

快斗(かいと)
いいな!

それから学校終わって
あなた

よし!いこ!

秋花(しゅうか)
うん!
快斗(かいと)
うん!
3人でプリクラ撮って
UFOチャッチャーで快斗がいっぱいぬいぐるみやらなんやらをいっぱい取ってくれて
あなた

すごい!いっぱい!

荷物いっぱいになって、いったんマックで
休むことにした。
秋花(しゅうか)
すごい量だよね。にしても快斗
あなた

UFOチャッチャーうますぎ笑笑

快斗(かいと)
だろー笑笑
あなた

あ!秋花プレゼント

快斗(かいと)
あ、おれもー
秋花(しゅうか)
あ、開けていい?!
あなた

うんー!

秋花(しゅうか)
あ、あなたからのはウサギのキーホルダー!
快斗(かいと)
え、
秋花(しゅうか)
ん?どうしたの?
快斗(かいと)
いや、なんでもない。俺のも見てみて
秋花(しゅうか)
うん!
あ、ウサギのキーホルダー笑笑
あなた

被ったの?!笑笑

快斗(かいと)
みたい笑笑
秋花(しゅうか)
んじゃいっぱい付けて歩くわ笑笑
秋花(しゅうか)
あ、これあなたに。
こっちは快斗ねー
あなた

ありがとう!
あ、かわいい?のか?ブサイクだね、このぬいぐるみ笑笑

快斗(かいと)
あ、手袋?ちょうどなかったんだわ!ありがとう!
秋花(しゅうか)
いえいえー!プレゼント交換もしちゃおー!
それから音楽流して回して
あなた

あ!私秋花のー!
メモ帳とシャーペンだ!それも私が欲しかったやつ!

秋花(しゅうか)
それはよかった笑笑
わたしは快斗の!トートバック?
おまえにしてはいいもんだな笑笑
快斗(かいと)
なんだそれー!俺はあなたの。
あ、ケータイのバッテリーなかったからちょうどいいわ笑笑
あなた

まぁ、みんな欲しいもの手に入ったし、良かったね笑笑

秋花(しゅうか)
うん笑笑
快斗(かいと)
おん笑笑
それからわたしの家に
みんなできて、お泊まりしましたー笑笑



クリスマスまであと2日