無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

23日
次の日
あなた

ふぁぁ〜。
あ、もう10:00

昨日から3人で私んちに泊まってるけど、
夜中まで騒いでたからみんな疲れてる笑笑
秋花(しゅうか)
あ、おはよ
快斗(かいと)
んーあー。お前ん家か
あなた

おはよ。ご飯食べる?
それともお昼まで待つ?

秋花(しゅうか)
昼まで待つ。
快斗(かいと)
今日も泊まってもいい?
あなた

あー、いいと思う。

寝起きだからみんなテンション低い笑笑
あなた

あ、秋花どうする?今日泊まるの?
明日からおばあちゃんちだよね。

秋花(しゅうか)
多分大丈夫
なんなら会いにくる?おばあちゃんとこ。
おばあちゃんもあなたに会いたがってたし。
これが最後になるかもしれないし。
あなた

そうだよね。
せめて1回は会っときたいよね。
秋花のお母さんがいいって言うならいく。
あ、快斗は?

秋花(しゅうか)
あーかいと。
快斗(かいと)
俺なんも関わりないけど。
秋花(しゅうか)
あ、ボディーガードみたいな感じで付いてくれば?
快斗(かいと)
はい?
あなた

あ、いいね。よし。決定。

その日の夜は
あなた

やった!私の勝ち!

快斗(かいと)
またかよ。
秋花(しゅうか)
また!?!つよ!
あなた

(●´ω`●)ゞ

トランプやってたんだけど私すごい勝ちまくって、
そのあとオセロしたんだけど
10回中8回私の勝ち笑笑
あの二人はまけて、悔しいっ!ってむつけて
寝た笑笑



クリスマスまであと2日