無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
16
2018/03/21

第2話

ヒモの高校生がなんか言ってる
リリノアもとい王都に着くまでに数日掛かった。

その間にリアがたくさんのことを教えてくれた……が、頭に入ってこない。まさか異世界に飛ばされたとは思わなかった、まぁこの世界の常識とかいう暗黙のルールは頭に無理矢理詰め込んだからいいんだが、問題は現在リアに養って貰っている…………………そう!!!ニートだ、ヒモだ!!!!!!!まさか自分より小さくてか弱そうな女の子に養って貰うのは男としてもミジンコサイズのプライドに関わる。

なんとかせねば…
リア
マスターさん、どうされましたか?
いや…ちょっと考えことを……というか、もうタメ語でいいのに、俺もリアにタメ語だし…
リア
私はマスターの従者であり駒にしか過ぎません、私とマスターじゃ格の違いがあり過ぎるのです。そんな方にタメ口は聞けません…
もっと肩の力を抜けばいいのに…俺からしたらリアは命の恩人で、俺を見放さなかった唯一の存在なのにな…まぁリアがそう言ってるなら
………分かった、でももう少しだけ肩の力抜いてみてもいいんじゃない?
リア
…………はい!分かりました!!
そう言えば、リリノアって王都だよな?
リア
はい、簡単に言ってしまえばそうなります。
なんかリリノアって聞いたことあるような気がするんだよなぁ…
リア
気のせいでは?最近はリリノアのことばっかりですから。
まぁな…にしてもリリノアはすぐ近くなのになんでこんな着かないんだろ
リア
リリノアの外観は近くに見えるように魔法で設定されています、実は何重にも結界が張り巡らされていて何十キロも離れてるんですよ
錯覚ってやつか…
「そんな感じです」とリアが微笑みを浮かべながら言うと列車がキーッと音を立てて急ブレーキをしたらしい
リア
どうしたんでしょうか…まだ橋の上…
リアが窓から下を見ていると駅員らしい人がやって来た
駅員?
突然の騒動で申し訳ございません、ただいま列車の内部に故障が見つかりましたので一時停止しております。
では、失礼します
なんだ…ただの故障か……

リアどうした?不安ならこっちの席にくるか?
リア
あっ、大丈夫…です。
冗談を真面目に返されると傷付くぞ、リア…

にしても「大丈夫」っていう顔をしていないが大丈夫だろうか…

その後もリアの顔は何か言いたげで不安そうな顔をしていたが何度聞いても「大丈夫」の
一点張りだった、そんな感じでもう二時間が過ぎようとしていた
リア
あの…マスター。マスターもお気づきかと思いますが…
あぁ…………遅いな。さすがに時間が掛かり過ぎている気がする…それに列車が止まってるのに列車の中は静かだし、おかしいな…
リア
はい…もう一時間も経ってますし二時間近く掛かる故障なら列車を出発させますかね…?
あぁ、そうだな。あとリア…今聞くことじゃないと思うが何か隠してるだろ
リア
そんなことは…
本当か?
リア
ウッ……すみません。実は、駅員さんが最初に会った人と違かったんです…
エッ(´・ω・`;)
それ結構ヤバくないか?フラグ的に立ってないか?絶対なにか立ってない?
リア
立ってますね(´ヮ`;)
リア&仁
……………
「ちょっと廊下見てきますね………」とリアが言い出すと廊下に面した座席の窓から人影が見えた
ちょっ、リアさん今は行かない方がいいと思います…
リア
私もそう思います…
人影が近付いてくるとリアと身を寄せ合う、怖い、絶対駅員とかのパターンじゃん。その駅員がホッケーマスクとか穴が2つ空いた麻袋とか被ってボロボロの作業着来てマチェットとか持ってるんでしょ!!どこの殺人鬼だ!!!!!!13日の金曜日じゃないぞ今日!!!!!
ガチャッ
リア&仁
キィヤアアアァァァァァアアアァァァアアアァァァァアァア゙ア゙ア゙ア゙ア゙!!!!!!!
謎の青年
ギャアアアアアアアァァァァァァァァァァアアアア!!!!!!!!
リア
ふぇっ…?
( 'ω')ギャァァァァァァジェ●ソ●!!!!!うわぁぁぁあああ!!!!!
謎の青年
Σ(゚Д゚ υ) キャアアアアアアアアアア
リア
おっ、落ち着いて下さい!!マスター、その名前はダメです!!あと、えっと…金髪の人も落ち着いて下さい!!!
ヴヴヴ…
謎の青年
ヒイイイイィィィィ(›´ω`‹ )
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ~10分後〜
リア
落ち着きましたか…?
すみませんでした。
謎の青年
急に悲鳴を上げてごめんなさい…
リア
いえいえ、こちらも上げてしまったのでお互い様ですよ…
えっと…君は…?
キルト
キルトと言います、えっと…駅員さんとか知りませんか…?
リアと顔を合わせる…

話を聞くと、コイツは異変に気付いて駅員を見つけたら大丈夫だと思い列車を探索してたらしいがどこにも乗客の姿がなく、少し怖くなってるところに俺達の話し声が聞こえて話そうと近付いて来たらしい
と……紛らわしいな!!!!
キルト
ごめんなさいっ!!
リア
まぁまぁ…取り敢えず駅員さんを探しませんか?
キルト
そうですね、駅員を見つければ何か分かるかもしれないし
先に人を見つける事だろ。人は多くいた方がいい、駅員を見つけることが1番だけど人を先に見つけるぞ
リア
はい、マスター!
キルト
マスター…?二人って主従関係なの?
そうだけど?
キルト
そうなんだ!初めて見たよ、そう言えば名前は…?
俺は…仁だ、リアと一緒に旅をしてる
リア
リアです、マスターとは主従関係で旅をしています
キルト
そっかあ!ヨロシクね
この出会いが運命だったのかもしれない…