無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

買い物
47
2017/12/06 06:04
雑貨屋の中を見て回る。
あなた

冬見のお姉さんって、どんなのが好みなの?

星矢
んー、ピンク系が好きかなー。
あなた

そっか、じゃあこういうのはどうかな?

星矢
いいかも。やっぱり女子に聞いて正解だったな。
そうして、あなたの選んだプレゼントを買い、2人は雑貨屋を出た。
星矢
ありがとう、柊。まじ助かった。
あなた

いえいえ。

私は、そのまま別れるかと、そう思っていた。
星矢
ねえ、うちこない?
あなた

え、いいの?

星矢
うん、今日のお礼したい。
あなた

じゃあ、行く。

冬見の家に行くことになりました。

これってカップルがすることじゃないかなぁ。