無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

事件
55
2017/12/06 06:13
冬見の家へ向かう。

交差点の横断歩道を渡っていた。

その時…トラックが止まらないで走ってきた。
星矢
柊、危ない!!
ドンッ

私は冬見に突き飛ばされた。

キキーッ

ブレーキをかけた音。
あなた

嘘、だよね…

おそるおそる後ろを振り返ると、そこには、

血に染まった冬見の姿があった…。
あなた

私なんかを守らなくてもいいのに。
なんで、私を守ったの…?

ピーポーピーポー

救急車のサイレンの音が聞こえる。

私はそこで気を失った。