無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

またまた
星矢
俺の家、来る?
あなた

え、でも…

ここで引き止めて事故を防ごう。
星矢
いいって、ほら、行こう。
あなた

え、ちょっとー。

予想外の展開。

まさかそんな大胆にくるとは。

手を引かれ、横断歩道を渡る。
星矢
あなた、危ない!!
ドンッ…

またこのパターンかぁ…

後ろには血に染まった龍樹。

救急車のサイレンの音が聞こえる。

その音に混じって、鈴の音が聞こえた。
あなた

サンタ、クロース?

私はそのまま気を失った。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

❀︎さくら✿︎
❀︎さくら✿︎
マイタグ→桜色の図書館 主に恋愛ものを書いてます! 掛け持ち中なので、色々遅いかもしれないんですが、気長にお待ちくださいm(_ _)m よろしくお願いします。 だんだん増える掛け持ち作品w 完結作品のタイトルの初めに星(☆)を付けることにしました!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る