プリ小説

第11話

聖なる涙
サンタクロース
聖なる涙っていうのはね、どんな病気でも怪我でも治せるんだ。
でも、その涙を流せるのは純粋な心を持った人だけなんだ。
それと、その人を愛する人の涙じゃないとその人の傷や病気は治らない。
あなた

そうなんですか…
じゃあ、私には無理か…

サンタクロース
何を言っているんだい?
君はとても純粋な心を持っている。
あなた

それでも…私は彼を愛していない。

サンタクロース
いいや、君は気づいていないだけで、彼をとても愛しているんだよ?
あなた

そんなわけないですよ。

サンタクロース
じゃあなんで君は彼を助けようとしているんだい?
あなた

それは…

サンタクロース
理由はないんだろう?それが彼を愛していることの証明さ。

さあ、時間だ。もう一度、やってくれるかい?
あなた

はい、私、やります!

そう言った途端、白い光が弾けて、目の前が真っ白になった…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

❀︎さくら✿︎@低浮上
❀︎さくら✿︎@低浮上
受験前なので作品更新はなしです マイタグ→桜色の図書館 合唱部所属の中学3年生! 主に恋愛ものを書いてます! 掛け持ち中なので、色々遅いかもしれないんですが、気長にお待ちくださいm(_ _)m よろしくお願いします。 だんだん増える掛け持ち作品w 完結作品のタイトルの初めに星(☆)を付けることにしました!