無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

聖夜の奇跡。
36
2017/12/16 00:48
その後、検査をして、特に異常もなかったので、冬見は退院となった。

傷が消えたのを見て、お医者さんがびっくりしていたけど、まあいいや。

病院を出て、2人で歩く。
あなた

あのさ、冬見、言いたいことがあるんだけど。

星矢
うん、俺もあるよ。
あなた

あ、じゃあ冬見からどうぞ。

星矢
あのさ、なんで柊を守ったか分かる?
あなた

え、わかんない。

星矢
本当、鈍感だな。

俺は、お前のことが、好きなんだよ。
だから、付き合ってください。
あなた

え、本当?!
私も好きでした。
こんな私でよければ、よろしくお願いします。

聖夜の奇跡。

そんな言葉がぴったりな夜でした。
                                                 fin