無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2話


『今日はいい天気ですね


でも、明日は雨が降るそうです』






それだけだった。






書かれていたのは。









もしかしたらこの時代にラブレターかも、なんて期待した自分が恥ずかしい。







誰かが暇つぶしで書いたものかな。



でなきゃおかしいよね。




だってここ、理科室だし。
元也
なにしてんのお前
あなた

元也には関係ないし





咄嗟に手紙を教科書に挟んだ。


元也
あっそ


元也はつまんなそうに黒板に視線を戻した。