無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3話


私はノートを破って返事を書いてみた。





『そうなんですか?

私は天気予報なんてあんまり見ないので』





こんなものかな。



手紙なんて書いたことないからわかんないよ。