無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

9話
元也
そんだけ着込んでまだ寒いのか
あなた

寒いよ!

元也
ふーん
元也
ちょっと待ってろ


元也はどこかに行ってすぐ、戻ってきた。


元也
やるよ
あなた

ココア?

元也
お前寒い時いつもそれ飲んでるだろ?
あなた

覚えてたの?



小さい頃はよく元也はウチに遊びに来てたけど小学校に上がる前のことだし。


元也
覚えてるよ。お前のことは何でも…
あなた

何言って……



言葉の意味を聞こうとしたけど、角から現れた卓斗と寒さに負けないようにか走って行ってしまった。


足早……さすがサッカー部時期主将。



それについていける卓斗もすごい。