無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10話



元也の言葉が頭から離れない。


私のことだから覚えてるって……当時の私は寒い日にココアが出たときアホ面はしてたけど……。


そのことか!!覚えてるって。




すっごい今更だけど恥ずかしくなってきた。




こんなときは名無しさんの手紙で気を紛らわせるしかない。



『今日は一時的に雨が降るかもしれないので折り畳み傘持ってたほうがいいかも


ウサ丸は好きな人とかいるの?

僕は最近気になる人ができて、君の意見が聞きたい

女の子ってどんな男が好きなの?』





いきなりの恋バナ!?


無理無理無理!



恋愛とか私には無縁だし。








あれ……よくよく考えると私って元也と卓斗以外友達いない……?




クラスの女子とは挨拶はする。でも休み時間話したり一緒にご飯食べたり、放課後遊びにも行ったことがない。



なんでこんな重大なこと気付かなかったんだろ。