無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

11話


と、いうことを名無しさんに相談してみた。



すると返ってきた返事が




『ウサ丸嫌われてるんじゃない?


で、僕の質問は無視?』




の、二行だけ。




名無しさんが冷たい……。





あなた

ねー元也ー

あなた

私とあんたは友達だよね?

元也
は?んだよいきなり
元也
バカじゃねーの



冷たい人間がここにもいた。
あなた

いいから答えてよ

元也
あなたはまぁそうだな……
元也
友達ではないかな
あなた

じゃあ何なのよ

元也
知らね


元也はサッカー部の集まりとかでパンを持ってめんどくさそうに教室を出ていった。


卓斗
あなたちゃん。一人?
あなた

まぁ…



私の友達ができない原因(多分)が現れた。