無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

14話


5時半元也の部活が終わった。


普段すぐに帰る私がまだ残ってることに元也は驚いていた。



元也
明日は雨か……
あなた

それどういう意味!?

元也
別に
元也
んじゃ、帰るか
あなた

え、あ……

元也
なに?



告白は?



されたんじゃないの?



なんて聞けない。
あなた

私と帰るの?

元也
当たり前だろ?道同じなんだし
あなた

元也ってさモテるよね
意外と

元也
別にそうでもねーよ
元也
毎日毎日うるせーし


モテる発言……。



元也にこんな一面があるなんて。



元也
俺コンビニ寄るけどお前は?
あなた

私待ってるよ




コンビニに入って、出てくるのに時間はかからなかった。


あなた

早いね

元也
買うもん決まってるからな



そう言ってホカホカの肉まんにかぶりついた。



元也
食うか?



食べかけの肉まんを差し出してきた。


あなた

い、いらない!!




なに恥ずかしがってんのよ私!



間接キスなんてこれまでに何回も……。