無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

15話


なんでこんなにドキドキしてるのか。



それも元也相手に。
元也
ウサ丸



ボソッと夕日を見ながら呟いた。





その名前を知ってるってことは…元也が名無しさん?
元也
ウサ丸がいなくなってちょうど1年だな



名無しさんに答えた「ウサ丸」という名前は、私が飼っていたウサギの名前。



去年の今日もこんなキレイな夕日の中ウサ丸は……。

元也
これやる
あなた

ハンカチ…?

元也
泣きそうな顔してんじゃねーよ



口は悪いけど何だかんだ、心配してくれるんだ。








ヤバい。




わかっちゃったかも。







なんであの時胸が痛くなったのか。











私は口が悪くて、ちょっとバカな元也が好き。











そして、名無しさんが元也だったら………。