第12話

攫われた亜弥達。
亜弥
亜弥
ん……
目を覚ますと、乃亜がすぐそこで倒れていた。
亜弥
亜弥
乃亜……!!
乃亜
乃亜
んん……
亜弥
亜弥
乃亜…!良かった…
乃亜が起きてよかった。



それにしても、ここはどこだろう。

確か、誰かに腕を掴まれて、意識を失って──
モブ
よぉ、お目覚めか?
亜弥
亜弥
!!
コイツら……
とりあえず乃亜を守らないと……
乃亜を庇うように後ろに隠して相手を睨みつける。
モブ
おっと……
こりゃ強気な嬢ちゃんだな?w
亜弥
亜弥
うるさい…
…おじさん達誰……
モブ
俺たちか?
俺達はなぁ、ここの研究所の優しいおにーさんだよ。
なぁ?
亜弥
亜弥
そんなわけない…僕達を捕まえてる時点でそんなこと言えるはずない…!
モブ
あーれー?おっかしいなぁ~、
俺達は"優しく"捕まえたつもりなんだけど、な?
亜弥
亜弥
ウソツキ……!
そんなこと思ってないくせに!
モブ
うるせぇ!黙ってろよ。
じゃないと……どうなるかわかんないよ?
亜弥
亜弥
…っ……
乃亜
乃亜
ねぇ、ちゃ……
乃亜が震えてる…
亜弥
亜弥
大丈夫だよ、乃亜は、僕が守るから。
モブ
なに内緒話してんのー?
俺達も聞きたいな~w
亜弥
亜弥
…………
じっと睨み続けていると、男達は、さすがにキレたのか、僕の顔を掴んできた。
亜弥
亜弥
…んぐっ……
モブ
そーいう目、俺大嫌いなんだよ。
二度と、俺にそういう顔すんな。
モブ
……あ?お前、結構いい顔してんじゃんw
これは使えるかもなぁ?
亜弥
亜弥
……!!
乃亜
乃亜
……!?
お姉ちゃ……!
男達が、僕に何かしようとしてきたその時───
カノ
カノ
ねぇ?何してるの?
亜弥
亜弥
!!
乃亜
乃亜
みんな……!
モブ
あーぁ、もう来ちゃったのか、残念w
セト
セト
許さねぇっす!!
シンタロー
シンタロー
お前ら……亜弥達を早くこっちに寄越せっ!!